湘南ベルマーレ×ピース・ウィンズジャパン

湘南ベルマーレでは2003年より、被災地や戦争被害を受けた世界の子どもたちに向けてサポーターの皆さまのボールを送る“希望のボールプロジェクト”を実施しています。

昨年、サポーターの皆さまより寄付頂きました約100個のサッカーボールは、これまでも国際支援活動などで協働してきた、特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(※)を通して、パレスチナ・ガザ地区の子どもたちに贈られます。ボールの譲渡式に合わせて、地元パレスチナの子どもたちによる親善試合の開催予定です。

パレスチナ・ガザ地区は地中海に面し北から南まで車で1時間程、日本の種子島ほどの大きさです。そこに住む200万人もの人は陸空海すべて四方から封鎖されて、人や物が自由に出入りすることができません。そんな「天井のない監獄」と呼ばれる理不尽な状況でも、パレスチナの子どもたちはサッカーが大好きで、小さなスペースを見つけてボールを追いかけています。しかし、外とのつながりを阻まれた空間でサッカーを楽しむ子どもたちは、自分たちが世界から忘れ去られているとも感じています。
そんな子どもたちに、ボールとともに希望と喜びを湘南から届けたいと思い、親善試合開催へのご支援をお願いする次第です。

サポーターの皆さまからのあたたかいご寄付を、下記概要で募ります! ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

http://www.bellmare.co.jp/202109

※ピースウィンズ・ジャパンは、10年以上にわたる経済封鎖により若者の失業率が高いパレスチナ自治区のガザ地区において、収入やスキルの向上、キャリア形成の機会を提供して就職をサポートしています。


24時間・試合10分前まで購入可能!
<toto オフィシャルサイト【Clubtoto】>


<ブックメーカー投資法>

あわせて読みたい